参考プラン カウンター下収納・サイドボード


 

最近の住宅やマンションは備え付けの収納スペースが少ないこともあり、キッチンカウンター下にも収納を作りたいといわれる方が非常に多くなっております。リーズナブルな既製品もたくさんありますが、スペースにぴったりと隙間なく置きたいのであればやはりオーダーメイドがおすすめ。ホワイトのオーソドックスなタイプから突板や無垢材をつかったナチュラルなタイプまで、イメージにや使い勝手に合わせてご提案いたします。

    

<W2400 スタンダードタイプ>

キッチンカウンターの奥行に合わせて作るスタンダードなデザイン。ただし、カウンターの奥行きが狭いと作ってもほとんど収納ができませんので、奥行きが250mm以上はある場合にお勧めです。

 

カウンター下収納 W2400 標準.jpg

  

W2400xH820xD250

本体:ポリ合板・メラミン化粧板 

扉:メラスクープ扉 (J型手掛け)

 

家具本体:¥189,000 

取付施工費:¥30,000 

合計:¥219,000

 

 ※上記の金額に消費税は含まれておりません。

※その他、距離に応じた運搬交通費がかかります。

 

  <W2400 引き戸タイプ(突板仕様)>

家具の前にテーブルなどが来る場合は、引き戸を使ったプランがお勧め。引き戸の場合、開き扉と比べて奥行きが減ってしまいますので、カウンターとの間に10~15cm程度のスペースを空け、カウンターより奥行きを大きくするデザインが良いでしょう。こちらはウォールナットの突板合板をメインに使用したプランとなっておりますが、無垢材や突板合板などの天然木素材を使う場合、塗装費が加わるので金額がぐっと上がります。

 

カウンター下収納 W2400 3枚引き戸.jpg

 

 W2400xH700xD360

 本体外部:ウォールナット突板合板

 本体内部:ポリ合板(ホワイト)

 塗装:クリアウレタン塗装

 

家具本体:¥268,000 

施工費:¥30,000 

合計:¥298,000

 ※上記の金額に消費税は含まれておりません。

※その他、距離に応じた運搬交通費がかかります。

 

<W2400 サイドボードタイプ>

こちらはダイニングスペースの背面側にサイドボードを作ったイメージです。キッチンカウンターの下に作るより奥行きのあるプランが可能です。こちらのプランは標準プランと幅は一緒ですが、奥行きが大きくなり、天板や引き出しなどのパーツが増えている分、金額も上がっています。

 

サイドボード W2400.jpg

 

W2400xH900xD400

本体:ポリ合板・メラミン化粧板

 扉・前板:メラスクープ扉

 天板:メラミンポストフォーム

 

家具本体:¥293,000

施工費:¥30,000

合計:¥322,000

※上記の金額に消費税は含まれておりません。

※その他、距離に応じた運搬交通費がかかります。