Q、価格や品質ってどう違うの?

A、家具をオーダーメイドで作るという経験は人生の中で何回もあるわけではありません。ですので、いざ検討を始めても「一体どこに頼んだらいいのだろう…」と迷われる方も多いと思います。オーダー家具店の中には品質の高さや丁寧なサービスを売りにしているところもあれば、低価格を売りにしているところもあります。何件か相見積もりをとって金額の安いお店で決められる方も多いと思いますが、見積り金額だけでは非常に比較が難しい商品だと思います。

 

今回、私自身が価格や品質の違いを感じるポイントについて簡単にまとめてみました。 ぜひ参考にしてください。

 

・家具の品質

オーダーメイドだからといって、どこの会社でも品質が良いとは限りません。この業界で働いている私自身そう感じます。家具の品質は「職人さんの腕」と「素材のグレード」によるものといって良いでしょう。オーダー家具は毎回違うデザインの家具を職人さんが一品一品仕上げる為、品質を保ちながらコストダウンをすることが非常に難しい商品です。他と比べて極端に安い見積りが出た場合は、何か大事な部分をコストダウンをしている可能性もありますので注意しましょう。一見同じように見える家具でも、見えないところまで強度や仕上がりにこだわっている会社もあれば、とことんコストを落として作っている会社もありますので、品質に関しては一般の方ではなかなか判断が難しい部分だと思います。

 

  ・ソフト面の違い

オーダー家具は家具本体(ハード面)だけではなく、デザイン・設計・接客といった人的サービス(ソフト面)も含めた複合的な商品となります。良い家具を作る為にはソフト面の良し悪しを忘れてはいけません。ただし、この違いはホームページやお見積りからでは非常に分かりづらく、打ち合わせに進んでみて初めて理解されると思います。何度もプランを作り直し、時間をかけて相談に乗ってくれる丁寧な会社もあれば、提案にはあまり時間をかけず希望されたものを作るだけの家具屋さんもあるでしょう。もちろんこの人的サービスにも人件費が発生していて、家具の見積り金額に乗っかっておりますので、同じような見積り依頼をしても両社の見積り金額に価格差があっても当然ですよね?最初の見積り金額で購入先を決めてしまうと、最終的に思ったものが出来上がらない可能性もありますのでご注意ください。

 

・金物のグレード

家具に欠かせないものと言えば、丁番や引出しレールといった家具金物です。ただ、表には見えてこないものなので、コストダウンの大きなのポイントにもなっています。よく使う金物の中に「ソフトクローズレール」という金物があります。ゆっくりと閉まる引き出しレールで、安いものだと1セット2,000~3,000円、性能の良いものだと6,000~7000円。ものによっては倍以上の価格差があり、仮に一つの家具で5セット使うとしたらそれだけでも15,000~20,000円前後の金額差が生まれることになります。金物は、グレードによって動きや耐久性が全く違います。見積書にはメーカーや品名まではっきりと記載されない場合が多いので、見積りに価格差がある場合はどのような金物を使っているのかも確認してみましょう。

 

  ・店舗やショールームの有無

オーダー家具屋さんの中には、当店のように事務所とホームページだけの小さな会社もあれば、店舗やショールームを運営している大型店もあります。当店のような家具屋は運営コストがあまり掛かっていないので、クオリティベースでみれば比較的安く家具を販売することが可能です。逆に大型店さんは、ショールームでたくさんの展示を見ながら検討できることは大きなメリットですが、人件費や家賃などの運営経費が家具の販売価格に上乗せされるため、割高になってしまうケースが多いです。

 

  以上、参考になりましたでしょうか?

 

ポイントは「品質」「サービス」「価格」のバランスだと思います。この他にもデザイン性やスタッフさんとの相性など、決め手になる理由は様々だと思いますが、ぜひお客様に合ったオーダー家具屋さんを見つけていただければと思います。当店は、間違いのない品質と丁寧なサービスを適正価格で販売することをモットーとしておりますので、オーダー家具をご検討の際は、ぜひ当店にも声をかけていただければと思います。